揚排水ポンプ設備工事、給排水衛生設備工事、空気調和設備工事、電気設備工事、さく井工事、消火設備工事、保守点検業務委託
株式会社中央設備(千葉県成田市/富里市)

消防用設備(屋内消火栓)

マンションなどに設置する消火のための設備です。建物内に設置し、万一の火災の際に、消防隊が到着するまでの初期消火を目的とした消火設備です。2人で操作する放水能力の高い「1号消火栓」と放水能力は劣るが1人で操作が可能な「2号消火栓」などががあります。使わないことにこしたことがありませんが、使用方法も理解しておかないといけません。設置工事が完了し、お客様への引渡し時には使用方法の説明会も実施しています。

消防用設備(アラーム弁)

アラーム弁は、スプリンクラー設備の配管に設置されている装置です。各場所に設置されているスプリンクラーは、この配管から分岐され接続されています。火災が発生すると、建築物の天井等に設置されているスプリンクラーが火災の熱を検知し開放します。このとき配管内の流水をアラーム弁が検知し、警報盤に電気信号を送り火災の発生を知らせ、消火ポンプを起動させる役割を担っています。

消防用設備(スプリンクラー送水口)

消防自動車のポンプから、この送水口へホースを接続し、スプリンクラーまで水を送る為のものです。消防隊が使用しているホースが直接取付できるようになっています。緊急時に使用するものなので、周辺に物や車を置いたりしてはいけませんね。

消防用設備(消火ポンプ)

消火ポンプは、遠く離れた場所あるいは高い場所に設置された、消火栓やスプリンクラーへ水を送る装置です。勢いよく水を飛ばす必要性から、高い吐出能力が求められます。火災発生時以外は、起動しないので、定期的に試験運転を行い点検を行っています。

PAGETOP