揚排水ポンプ設備工事、給排水衛生設備工事、空気調和設備工事、電気設備工事、さく井工事、消火設備工事、保守点検業務委託
株式会社中央設備(千葉県成田市/富里市)

制御盤設置工事

ポンプ設備を自動運転したり、補機と連動運転するには、動力盤や制御盤設備が必要となります。仕様書をもとに、どのように運転制御するかを設計検討の上製作します。制御盤と主ポンプ、補助機器、計装設備とをケーブルで接続します。その後、試運転を行い正常に動作するか確認します。

遠隔監視装置調整作業

管理するポンプ施設が多くある場合に、事務所に設置されている親局から、遠隔で、各施設を監視制御を行うことができる、水監視システムがあります。

制御盤工場内検査

設計図に基づき、製作された、制御盤は工場試験を実施し、耐圧試験、絶縁抵抗測定を行い、さらにシーケンスチェック、運転制御に問題ないことを確認し出荷されます。

電気配管配線工事

現地では、施工図に基づき、配管、配線を敷設します。その後機器と制御盤と結線表に従い、接続作業を行います。
電源投入後、シーケンスに基づき、電気的試験を行います。
その後機械の試運転を実施し、お客様に引渡しされます。

PAGETOP